戻る
次へ

里地里山のあるまち

鳥取県西部 南部町

南部町ってどんなところ?

鳥取県西部に位置する南部町は、平成16年10月1日、西伯郡西伯町と西伯郡会見町が合併して誕生しました。
町域は豊かな自然に恵まれるとともに、県下有数の古墳密集地帯で、大国主命の古事に由来する史跡・地名が多く見られ、律令国家以前から豊かな文化が栄えた場所です。

アクセス

スポット情報spot info

  • 見る
  • 食べる
  • 泊まる

おすすめスポット

  • 泊まる なんぶ里山ステイ 南部町里山ステイ 里山で暮らす達人たちに会いに行く 全国的にも貴重な里地里山が残る南部町で 農泊=「里山ステイ […] Read more >>
  • 泊まる えん処 米や 様々な人の集う交流スペースで、色々なイベントが毎月行われています。 里山の恵みを活かした暮らし講座なども行われ […] Read more >>
  • 見る 法勝寺電車 大正時代から米子市と南部町間を走っていたレトロな電車。 人々は「チンチン電車」と呼んで親しんでいました。 日本国内現存最古の木造2軸三等客車で、鳥取県保護文化財に指定されています。 引退後は米子市と南部町で保存展示され2013年に復元作業を施し、今では子供たちにも親しんでもらおうと南部町公民館さいはく分館駐車場内に展示しています。 Read more >>
  • 見る 法勝寺一式飾り 法勝寺宿では毎年4月第2土・日曜日に一式飾りが各家々や集会所で飾られます。 生活用具など一種類の用具一式でつくられた飾り物は、庶民の芸術であり、江戸時代に上方から伝えられた厄除け祈願や豊作を祈願して始められたといわれる南部町の無形文化財です。 Read more >>
  • 見る 清水井 八十神たちの策略で命を落としたオオクニヌシを蘇生するために遣わされたウムギヒメが、ここ清水井の水で練った薬をオオクニヌシの体に塗りつけたところ、オオクニヌシは息を吹き返しました。 生き返ったオオクニヌシの姿は、元のままの麗しい姿であったといいます。 Read more >>
  • 泊まる 緑水湖オートキャンプ場 緑水湖オートキャンプ場は、鳥取県と島根県の県境にある南部町の山あいにあり、大きなダム湖(賀祥ダム・通称:緑水湖 […] Read more >>
  • 泊まる てま里 temari ~小さなカフェとお宿のある寄り合い場~ 2019年4月1日にオープンしたカフェ&居酒屋と宿、そして地域の寄り合い場がある「てま里(てまり)」。 […] Read more >>
  • 見る 法勝寺川土手桜 一級河川である法勝寺川の土手沿いになんと5.3kmもの桜並木が続きます。桜の時期になるとその季節のはじまりを示すようにボンボリが灯ります。桜の時期だけではなく、新緑や夏、秋の紅葉、雪桜などオールシーズンで楽しめます。 Read more >>

もっと見る

体験メニューexperience

  • 田舎料理づくり
  • わら細工
  • 竹細工・昭和遊び
  • 機織り

もっと見る

インスタグラムinstagram

    もっと見る

    • 因幡伯耆國開運八社巡り
    • とっとり秋旅冬旅パスポート とりパス